野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

去年の悔し涙を糧に―西武今井に芽生えたエースの自覚「大事な試合で勝ちたい」

リーグ2連覇を果たした西武ライオンズ。昨年は10年ぶりにパ・リーグ制覇を成し遂げたが、クライマックスステージ(CS)ファイナルステージで惜しくも敗退。試合後のセレモニーでは、辻発彦監督が号泣しながらファンへの挨拶を行った。そんな指揮官の後ろで悔し涙を流していたのは、今井達也投手だった。

西武・今井達也【写真:荒川祐史】
西武・今井達也【写真:荒川祐史】

昨年のCSファイナル第4戦で5回途中4失点で敗戦投手 悔し涙を流した

 リーグ2連覇を果たした西武ライオンズ。昨年は10年ぶりにパ・リーグ制覇を成し遂げたが、クライマックスステージ(CS)ファイナルステージで惜しくも敗退。試合後のセレモニーでは、辻発彦監督が号泣しながらファンへの挨拶を行った。そんな指揮官の後ろで悔し涙を流していたのは、今井達也投手だった。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 今井は2勝2敗(アドバンテージ含む)で迎えたクライマックスステージ(CS)ファイナルステージ第4戦に先発。4回2/3を投げ4失点。敗戦投手となった。

「シーズン途中から先発で投げさせてもらっていて、年上の先発ピッチャーの方がいる中で、自分がCSで投げさせてもらいました。それなのに勝てなかった。申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。そんな気持ちの中、監督の話を聞いているうちに、感極まってしまいました。本当に悔しいなと……」

 今シーズンはシーズン中盤から3連戦の初戦を任されるなど、首脳陣からの期待も大きい。その期待に応えるべく活躍を誓ったシーズンだったが、ここまで7勝9敗、防御率4.32。自身が「背番号くらい勝ちたい」と目標に掲げていた2桁勝利は達成できなかった。

「3連戦の初戦は勝って勢いをつけたいところですが、そこでなかなかゲームが作れていない。僕自身も納得できていません。フォアボールが多い分、腕が振れなくなり、ストライクを取りにいってしまいます。置きにいったボールもストライクが取れず、結局フォアボールになる。西口コーチ、小野コーチには、自分のいいところは思いっきり腕を振って強い真っ直ぐが投げられるところだと言われています。フォアボールを怖がって、腕が振れないと長所がなくなる。そこを直していかないといけないと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」