野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 200奪三振のための“意図的落球”に批判殺到 「恥ずかしい」「偽の記録」

200奪三振のための“意図的落球”に批判殺到 「恥ずかしい」「偽の記録」

レンジャーズのエース左腕、マイク・マイナー投手が26日(日本時間27日)、シーズン200奪三振を達成した。今季最終登板で8回2/3、5失点、126球の力投。9三振を奪い、ギリギリで200奪三振に乗せたが、それを助けるために一塁手が意図的に落球したとして、批判が殺到している。問題の場面を米スポーツ専門メディア「ESPN」が動画で公開している。

本拠地のレッドソックス戦に先発したレンジャーズのマイク・マイナー【写真:Getty Images】
本拠地のレッドソックス戦に先発したレンジャーズのマイク・マイナー【写真:Getty Images】

9回1死から一塁手がファウルフライを落球→次の球で200奪三振を達成

■レンジャーズ 7-5 Rソックス(日本時間27日・アーリントン)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 レンジャーズのエース左腕、マイク・マイナー投手が26日(日本時間27日)、シーズン200奪三振を達成した。今季最終登板で8回2/3、5失点、126球の力投。9三振を奪い、ギリギリで200奪三振に乗せたが、それを助けるために一塁手が意図的に落球したとして、批判が殺到している。問題の場面を米スポーツ専門メディア「ESPN」が動画で公開している。

 シーズン200奪三振まで残り「9」として今季最終登板のマウンドに上がったマイナー。3回までに走者を許さず、5三振を奪う幸先の良いスタートを切った。しかし、4回に3点を失うと奪三振のペースも落ち、8回5失点8奪三振と大台まで残り「1」として9回に突入した。9回先頭のレオンは2球目を打ち上げて左飛。1死走者なしでオーウィングスを迎えた場面で問題のプレーが起こった。

 1-1からオーウィングスが放った打球は、一塁側ファウルグラウンドへの飛球。一塁手グズマンが捕球態勢に入ったが、なんとグラブを下げて打球を見送ったのだ。1-2となって次のボールはインハイへのやや外れたように見えるコースへ。主審はストライクと判定して見事に200奪三振を達成。ここでマウンドを降りた。

「ESPN」公式ツイッターが落球から三振奪取までの一連の流れを動画を公開すると、ファンからは批判が殺到している。

「審判も彼を助けたんだね」

「審判もレンジャーズに雇われているんじゃない? ひどいストライクコールだった」

「なんか痛々しい」

「恥ずかしい」

「MLBの記録は、みんな汚れている」

「これでボーナスがでたら、一塁手に分けてあげないとね」

「いや、捕手が一塁手に落とせって言ったんだよ」

「レンジャーズはアホ」

「良くないな」

「馬鹿げている」

「偽の記録」

「くだらないな」

 2009年のドラフト全体7位指名ながら、肩の故障に苦しんできたマイナー。2017年に3年ぶりにメジャー復帰を果たすと、31歳を迎えた今季にブレークした。自己最多14勝を挙げ、球宴にも選出。味方の援護(!?)もあり自身初の200奪三振も達成した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」