野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム田中賢が引退試合で快音、1500安打へ2本「今日はすごく感じています」

日本ハムの田中賢介内野手が27日、本拠地オリックス戦で引退試合に臨み、6回に右前打を放った。通算1500安打にあと2本とした。

右前打を放った日本ハム・田中賢介【画像:パーソル パ・リーグTV】
右前打を放った日本ハム・田中賢介【画像:パーソル パ・リーグTV】

6回の好機でオリックス山岡から快音

■日本ハム – オリックス(27日・札幌ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムの田中賢介内野手が27日、本拠地オリックス戦で引退試合に臨み、6回に右前打を放った。通算1500安打にあと2本とした。

 田中は「2番・DH」でスタメン出場。第1打席は二飛、第2打席は見逃し三振に倒れた。そして、4点を追う6回1死一、二塁の好機で打席に立つと、2ボール1ストライクから最高勝率のかかるオリックス山岡の141キロ直球を右前に運んだ。

 引退試合での快音に札幌ドームは大歓声。日本ハムベンチでも同僚たちがガッツポーズを作った。これが通算1498本目のヒット。通算1500安打に「2」とし「本当に感動しました。球場の歓声とか、すごいです。今日は、すごく感じています」とコメントした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」