野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “意図的落球”→直後に200奪三振で物議 大台到達の左腕は「落とせと叫んだ」

“意図的落球”→直後に200奪三振で物議 大台到達の左腕は「落とせと叫んだ」

レンジャーズの左腕マイク・マイナー投手が26日(日本時間27日)の本拠地レッドソックス戦でシーズン200奪三振に到達した。シーズン最終登板でギリギリで自身初の大台に乗せたが、その直前に一塁手が意図的にファウルフライを落として“アシスト”したことに批判が殺到。

200奪三振を達成したレンジャーズのマイク・マイナー【写真:Getty Images】
200奪三振を達成したレンジャーズのマイク・マイナー【写真:Getty Images】

MLB公式サイトも特集「『エラー』の助けを借りて200奪三振」

■レンジャーズ 7-5 Rソックス(日本時間27日・アーリントン)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 レンジャーズの左腕マイク・マイナー投手が26日(日本時間27日)の本拠地レッドソックス戦でシーズン200奪三振に到達した。シーズン最終登板でギリギリで自身初の大台に乗せたが、その直前に一塁手が意図的にファウルフライを落として“アシスト”したことに批判が殺到。問題の場面を米スポーツ専門メディア「ESPN」が動画で公開するなど、物議を醸している。MLB公式サイトも「マイナーが『エラー』の助けを借りて200奪三振」とのタイトルで特集し、マイナーが「(フライを)落とせと叫んだ」と明かしたことも伝えている。

 マイナーはこの試合で200奪三振まで残り「1」として9回のマウンドに上がった。1死走者なしでオーウィングスを打席に迎えると、カウント1-1からスイングした打球は一塁側ファウルグラウンドへの飛球に。すると、一塁手グズマンが捕球態勢に入りながら、グラブを下げて打球を見送った。これで2ストライクと追い込んだマイナーは、内角高めへのやや外れたように見えるコースへ4球目を投じ、主審はストライクと判定。200奪三振を達成し、マウンドを降りた。

 だが、「ESPN」公式ツイッターが落球から三振奪取までの一連の流れを動画を公開すると、ファンからは「恥ずかしい」「偽の記録」などと批判が続々。MLB公式サイトも特集を組み「この試合の9回にマイナーは、レッドソックスの内野手クリス・オーウィングス相手に200奪三振を記録したが、これが試合後にちょっとした話題となっている。マイナーがこの三振を奪ったのは、一塁手のロナルド・グズマンがわざとファウルのポップフライを落とした後であったからだ」と伝えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」