野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元阪神井川慶、トレーニング続け現役続行を明言! 「またいつの日か、マウンドに…」

阪神、オリックス、ヤンキースなどでプレーし、2017年に独立リーグ「ベースボールファーストリーグ」の兵庫ブルーサンダーズを退団した井川慶投手が28日、自身のブログを更新。7月に行われたサントリードリームマッチを振り返りながら「またいつの日か、マウンドに立つことができれば」と現役続行に意欲を見せている。

7月29日に「サントリードリームマッチ 2019」が行われた【写真:荒川祐史】
7月29日に「サントリードリームマッチ 2019」が行われた【写真:荒川祐史】

7月29日に行われた「サントリードリームマッチ」での登板を振り返る

 阪神、オリックス、ヤンキースなどでプレーし、2017年に独立リーグ「ベースボールファーストリーグ」の兵庫ブルーサンダーズを退団した井川慶投手が28日、自身のブログを更新。7月に行われたサントリードリームマッチを振り返りながら「またいつの日か、マウンドに立つことができれば」と現役続行に意欲を見せている。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 井川は7月29日に東京ドームで行われた「サントリードリームマッチ 2019」に「ドリームヒーローズ」の一員として参加。先発マウンドに上がっていた。

 久しぶりにブログを更新し「往年の名選手たちが集うその夢の球宴に、まさか自分が出場させていただけることになるとは、思ってもみませんでした」と感謝の言葉を綴り「ここまでトレーニングは欠かしていません。お客様の前でしっかり自分らしい投球を見せられるようにと、この日は気を引き締めてピッチングさせていただきました」と、当日を振り返っていた。

 高橋由伸氏、篠塚和典氏、中村紀洋氏、ランディ・バース氏ら往年の名選手たちとの勝負を楽しんだようで「ぜひ、また機会をいただけるなら参加したいですし、やはりお客様の前で投げられることは幸せなことだと再確認できました」と、実感した様子。

 そして「これからも、自分に厳しくトレーニングに励んでいき、いつでも投げられる状態をキープし、またいつの日か、マウンドに立つことができればと願っています」と締めくくっている。井川はまだ現役引退を表明していない。今後もマウンドに上がるため、自身の体を追い込んでいくようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」