野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム田中賢、引退試合で叶えたかった2つの思い 「僕が見たいと…」「自分の場所だな」

日本ハムの田中賢介内野手が27日、本拠地オリックス戦で引退試合に臨んだ。「2番・DH」で先発出場し、6回には右前打、8回の最終打席は号泣しながら右翼フェンス直撃の適時打を放ち、日本通算1499安打で日米20年間のプロ生活にピリオドを打った。

日本ハム・田中賢介【写真:石川加奈子】
日本ハム・田中賢介【写真:石川加奈子】

親友の鶴岡は守りだけだったが「僕が見たいといいました」

■オリックス 5-1 日本ハム(27日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの田中賢介内野手が27日、本拠地オリックス戦で引退試合に臨んだ。「2番・DH」で先発出場し、6回には右前打、8回の最終打席は号泣しながら右翼フェンス直撃の適時打を放ち、日本通算1499安打で日米20年間のプロ生活にピリオドを打った。

 5点ビハインドで迎えた8回2死一、二塁、打席に向かう田中賢の視界が涙でぼやけていった。「ずっと我慢していましたけど、この打席で最後だと思うといろいろな思い出が込み上げてきて。満員のファンの中で最後できて幸せでした」。野球人生最後の賢介コールを聞くと、涙腺は決壊した。指で目頭を押さえ、さらにはユニホームの右袖で涙を拭った。

 最高勝率のタイトルを懸けてマウンドに上がっていた山岡の直球を1球見送った後の2球目。「涙が止まらず、ボールのことも打ち方も忘れて無我夢中で来た球を打ちました」と140キロ直球を鋭く振り抜いた打球は右翼フェンスを直撃した。完封負け目前、北海道移転後の黄金時代を築いた主役が最後の打席で見せた意地の得点シーンに、球場内は感動に包まれた。

「1イニングだけ守りたい」という希望通り、最終回は二塁の守備に就いた。ベストナインを6度、ゴールデングラブを5度受賞したポジション。守備機会は巡って来なかったが「景色は良かったですね。ここが自分の場所だなと思いました。一生の思い出になりました」とピンク色に染まった札幌ドームの景色を目に焼き付けた。

 引退試合にあたり、リクエストはもう一つあった。高校時代から付き合いのある親友の鶴岡慎也バッテリーコーチ兼捕手の打席だ。「ツルは守りだけの予定でしたが、僕が見たいと言いました」。8回1死走者なしで代打で登場した鶴岡は中前打を放ち、一塁ベース上でベンチに向かって両手を突き上げると、田中賢は自分のことのように喜んだ。「まだまだあいつはできますね」と満面の笑みで盟友にエールを送った。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」