野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAラミレス監督、最終戦セレモニーで日本一誓う「今回は必ず勝利したい」

DeNAは28日、本拠地・阪神戦に0-7で完敗。71勝69敗3分でレギュラシーズンの全日程を終えた。2位に入り、10月5日からのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージは横浜スタジアムでの開催が決定済み。アレックス・ラミレス監督は試合後のセレモニーで日本シリーズ進出を誓った。

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

2位でレギュラーシーズン終了、CSでは2017年の再現誓う「今回も必ず実現」

■阪神 7-0 DeNA(28日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAは28日、本拠地・阪神戦に0-7で完敗。71勝69敗3分でレギュラシーズンの全日程を終えた。2位に入り、10月5日からのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージは横浜スタジアムでの開催が決定済み。アレックス・ラミレス監督は試合後のセレモニーで日本シリーズ進出を誓った。

 シーズン最終戦後のセレモニー。ラミレス監督はチームを代表してファンに感謝すると、激動のシーズンを振り返った。

「シーズン序盤は非常に苦しいシーズンでした。しかし、我々の目標は優勝であって、苦しいシーズンでしたが、何とかここまでこられ、2位になることができました。9月21日、ジャイアンツが我々の眼の前で優勝し、我々の希望は終わってしまいました」

 優勝できなかった無念の思いを明かしつつも「9月24日に我々は2位になることができました」とも言及。横浜が2位以内に入ったのは、リーグ制覇を果たして日本一に輝いた1998年以来21年ぶり。指揮官は「ファンのみなさん、クライマックシリーズをここ横浜スタジアムで開催することができます」と胸を張った。

 2017年はリーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズに進出。ソフトバンクに敗れて日本一にはなれなかったが、ラミレス監督は“下剋上”の再現、そして、今年こそ日本シリーズを制すことを誓った。

「ベストを尽くしてまずファーストステージを勝ち抜いて、セカンドステージに行き、日本シリーズでここ横浜スタジアムに必ず帰ってきたいと思います。我々は1度それを実現しています。したがって今回も必ず実現して、今回は必ず勝利したいと思います」

 指揮官の力強い挨拶に横浜スタジアムは大きな拍手に包まれた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」