野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹ドラ3の野村大樹がプロ初打席初安打 守備から登場し、最初の打席で快音

ソフトバンクのドラフト3位ルーキー・野村大樹内野手が28日の敵地オリックス戦でプロデビュー。7回の守備から出場し、9回のプロ初打席で初ヒットを放った。

ソフトバンク・野村大樹【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・野村大樹【写真:福谷佑介】

オリックスのルーキー荒西から好機で右前打

■オリックス – ソフトバンク(28日・京セラドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクのドラフト3位ルーキー・野村大樹内野手が28日の敵地オリックス戦でプロデビュー。7回の守備から出場し、9回のプロ初打席で初ヒットを放った。

 野村は9回2死一、二塁で打席へ。オリックスのドラ3右腕・荒西と対峙し、カウント1-1から外角への143キロの直球を捉えた。右前に抜けるヒット。プロ初打席で記念すべきプロ初安打を放った。

 野村は、早実では1学年上の3番・清宮(日本ハム)の後を打つ4番打者として活躍。ルーキーイヤーで出番をつかみ、いきなり結果を残した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」