野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「阿部さんがいたから21年間出来た」―日ハム實松が秘める感謝の思い

日本ハム・實松一成ファーム育成コーチ兼捕手が今季限りで現役引退した。巨人時代には阿部慎之助捕手の2番手捕手として、12年からのリーグ3連覇に貢献。通算511試合出場、137安打、20本塁打と決して目立つ打撃成績ではないが、21年間を戦い抜いた秘訣は何だったのだろうか。

現役引退した日本ハム・實松一成【写真:石川加奈子】
現役引退した日本ハム・實松一成【写真:石川加奈子】

「阿部さんがいたから自分の生き残る術を模索することが出来た」

 日本ハム・實松一成ファーム育成コーチ兼捕手が今季限りで現役引退した。巨人時代には阿部慎之助捕手の2番手捕手として、12年からのリーグ3連覇に貢献。通算511試合出場、137安打、20本塁打と決して目立つ打撃成績ではないが、21年間を戦い抜いた秘訣は何だったのだろうか。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 絶対的正捕手・阿部がいなかったらレギュラーだった――。實松はそんな世間の見立てを振り払うかのように口を開いた。

「阿部さんがいたからこそ、自分の生き残る術を模索することが出来た。阿部さんがいたから21年間出来たと思っている」

 ナイター時は6時間以上も前に球場入り。体の強化、メンテナンスに対戦相手のデータ収集。試合中はベンチからの相手の観察を欠かさない。巨人時代に同僚から「準備の鬼」とまで言われたが、当初は違ったという。06年に日本ハムから巨人へ移籍した時には阿部が正捕手に君臨。控え捕手の座もつかめず、他の選手を妬むばかりだったという。

「あいつが打った、打たないとか凄い気にしていた。例えば(元巨人の)加藤(健)とか他の捕手が1軍の試合に出る時とかあるわけじゃん。そういう時に打ったのかな、打たなかったのかなと気にしてばかり。他の選手の成績ばかり気にしていた」

 巨人時代の09年は1軍出場なし。同年オフは「クビを覚悟していた」という。考え方の切り替えが、その後の野球人生を変えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」