野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス岸田、現役最後の登板は137キロで空振り三振! 金子、西、坂口らも駆けつける

今季限りで現役を引退するオリックスの岸田護投手が29日、本拠地でのソフトバンク戦の9回に4番手として登板。打者一人を空振り三振に仕留め現役最終登板を終えた。

現役最後となるマウンドに上ったオリックス・岸田護【画像:パーソル パ・リーグTV】
現役最後となるマウンドに上ったオリックス・岸田護【画像:パーソル パ・リーグTV】

9回から4番手で登板し先頭・高田を空振り三振に仕留める

■オリックス 5-1 ソフトバンク(29日・京セラドーム)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 今季限りで現役を引退するオリックスの岸田護投手が29日、本拠地でのソフトバンク戦の9回に4番手として登板。打者一人を空振り三振に仕留め現役最終登板を終えた。

 岸田は4点リードの9回に4番手として登板。先頭の高田に初球136キロの直球で空振り、2球目は138キロの直球で空振り、そして最後は137キロの直球で空振りに仕留めた。

 西村監督はマウンドに向かい握手を交わすと、岸田は大歓声に包まれゆっくりとベンチに下がった。この試合には元チームメートの金子、西、坂口らも球場に駆け付け背番号「18」のラスト登板を見守っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」