野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 課題山積みのエ軍、投手・大谷の復帰は“救い” 米メディア期待「明るいニュース」

課題山積みのエ軍、投手・大谷の復帰は“救い” 米メディア期待「明るいニュース」

メジャーリーグの移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」は、大谷翔平投手が所属するエンゼルスの来季について3つの課題があると指摘している。昨季オフに右肘のトミー・ジョン手術を受け、今年も左膝の分裂膝蓋骨の手術を受けた大谷だが、エンゼルスにとっては「明るいニュース」だと伝えてる。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

先発ローテに課題、大谷は左膝手術も「先発ローテ復帰が妨げられることはない」

 メジャーリーグの移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」は、大谷翔平投手が所属するエンゼルスの来季について3つの課題があると指摘している。昨季オフに右肘のトミー・ジョン手術を受け、今年も左膝の分裂膝蓋骨の手術を受けた大谷だが、エンゼルスにとっては「明るいニュース」だと伝えてる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 まず記事が伝える課題のひとつは「先発投手陣の強化」だ。7月にスカッグス投手が亡くなってから「エンゼルスはまだ動揺している」と記事では言及。それは球団において「愛すべき同僚」だっただけでなく、「エンゼルスの中の最高の投手の1人だった」からだと指摘している。今季も15試合で投げ、7勝7敗、防御率4.29で先発ローテの一角を担っていた。

「エンゼルスは2020年に向けて引き続き先発ローテーションを改善する努力をせざるを得ない」というが、層が薄くなったエンゼルスにとって「明るいニュース」が大谷だという。「最近、オオタニは新たに手術を受けたが、それによって来季早々に先発ローテーションへの復帰が妨げられることはないはずだ」とポジティブに言及。大谷は昨シーズン、10試合に登板し4勝2敗、防御率3.31をマークしていた。今回の左膝手術は来季に向けて万全を期すためのもので、マイナスに捉えられるものではない。

 大谷に加えてヒーニー、キャニングらが、来季のエンゼルス先発投手陣に数少ない希望を与える存在だと記事は指摘。捕手の強化も課題にあげている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」