野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

連覇の西武、個人打撃タイトル5部門制覇 2年連続HR王の山川は「悔しい気持ちも」

プロ野球パ・リーグは29日のオリックス-ソフトバンク戦でレギュラーシーズンの全日程が終了し、個人タイトルが確定した。圧倒的な打力でパ・リーグ2連覇を達成した西武は、打撃部門で出塁率以外の全てのタイトルを獲得。5選手が喜びの声を上げた。

タイトルを獲得した西武・金子、山川、森、中村、秋山(左から)【写真:荒川祐史】
タイトルを獲得した西武・金子、山川、森、中村、秋山(左から)【写真:荒川祐史】

森&山川&中村&秋山&金子がタイトル獲得、出塁率以外はすべて西武勢

 プロ野球パ・リーグは29日のオリックス-ソフトバンク戦でレギュラーシーズンの全日程が終了し、個人タイトルが確定した。圧倒的な打力でパ・リーグ2連覇を達成した西武は、打撃部門で出塁率以外の全てのタイトルを獲得。5選手が喜びの声を上げた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 森友哉捕手は打率.329で捕手としては史上4人目の首位打者に輝く快挙を達成。山川穂高内野手は43本塁打で2年連続のホームラン王に。2シーズンで計90本塁打を放った。

 打点王は中村剛也内野手。打撃タイトル獲得は、2015年に本塁打と打点の2冠に輝いて以来4年ぶりで、計10個目の個人タイトル(打点王は4度目)となった。本塁打王の山川(120打点)と熾烈な争いを繰り広げたが、123打点をあげて3点差で競り勝った。

 日本球界を代表する“安打製造機”の秋山翔吾外野手は179安打で3年連続4度目の最多安打をマーク。金子侑司外野手は41盗塁を記録し、53盗塁をマークした2016年以来、自身2度目の盗塁王に輝いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」