野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス岸田、引退試合“魂の直球”動画が大反響! ファン涙「永遠に愛している」

オリックスの岸田護投手は29日、本拠地でのソフトバンク戦の9回に4番手として登板。打者一人を空振り三振に抑え現役最終登板を終えた。オリックス一筋14年のベテランが投じた全3球を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネルが動画で公開するとファンも労いの言葉を送っていた。

現役最後となるマウンドに上ったオリックス・岸田護【画像:パーソル パ・リーグTV】
現役最後となるマウンドに上ったオリックス・岸田護【画像:パーソル パ・リーグTV】

9回に4番手として登板し3球ストレート勝負で空振り三振に抑え現役生活に別れを告げる

■オリックス 5-1 ソフトバンク(29日・京セラドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスの岸田護投手は29日、本拠地でのソフトバンク戦の9回に4番手として登板。打者一人を空振り三振に抑え現役最終登板を終えた。オリックス一筋14年のベテランが投じた全3球を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネルが動画で公開するとファンも労いの言葉を送っていた。

 最後の舞台は慣れ親しんだ9回のマウンドだった。先頭のソフトバンク高田に初球136キロの直球で空振り、2球目は138キロの直球、そして最後は137キロの直球で空振りに仕留め現役生活に別れを告げた。

 オール直球勝負で最後の登板を終えた右腕をパTVも「B岸田 ラスト登板『入魂の3球』をマルチアングルで」とのタイトルで動画を公開。ファンからは「永遠に愛してる岸田護背番号18」「オリックスのユニフォームがほんと似合うよなぁ」「最後のストレート最高すぎる」と労いの言葉を送っていた。

 引退後のセレモニーでは「これからオリックスは強くなります」と力強く口にし、後輩たちに夢を託していた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」