野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神青柳が5回0封の好投 勝てば2年ぶりCS進出の一戦で2点を先制

阪神の青柳晃洋投手は30日、甲子園球場で今季最終戦となる中日戦に先発。この試合に勝てば2年ぶりのクライマックス・シリーズ(CS)進出が決まる一戦で、5回を無失点に抑えて降板した。

阪神・青柳晃洋【写真:荒川祐史】
阪神・青柳晃洋【写真:荒川祐史】

中日・大野雄は最優秀防御率が確定も、2番手三ツ間が失点

■阪神 – 中日(30日・甲子園)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神の青柳晃洋投手は30日、甲子園球場で今季最終戦となる中日戦に先発。この試合に勝てば2年ぶりのクライマックス・シリーズ(CS)進出が決まる一戦で、5回を無失点に抑えて降板した。

 立ち上がりから好調の青柳は、3回には3者三振。4回には二塁手・糸原のエラーなどで1死一、二塁とするも、遊併殺でピンチを切り抜けた。5回まで2安打2四球、無失点とリードを守りぬいた。

 打線は中日の先発、大野雄に封じられていたが、4回途中で2番手三ツ間が上がると大山が中前適時打。さらに2死満塁から代打・高山の4球目に暴投で、この間さらに1点を奪いリードを2点に広げた。

 大野雄は3回1/3を投げて降板し、これでリーグトップの防御率2.583をマーク。自身初タイトルとなる最優秀防御率が確定している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」