野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「あのケガが大きかった」―日ハム中田が振り返った「本当に悔しい1年」

パ・リーグ5位で全日程を終えた日本ハムの選手が今季を振り返る。第1回は中田翔内野手。7月末に右手親指を痛めて8月に戦線離脱すると、チームも2位から5位に転落した。主将2年目の主砲は「あのケガが大きかった」と悔しさを露わにした。

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】
日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

右手親指負傷により8月13日に登録抹消、チームは大失速

 パ・リーグ5位で全日程を終えた日本ハムの選手が今季を振り返る。第1回は中田翔内野手。7月末に右手親指を痛めて8月に戦線離脱すると、チームも2位から5位に転落した。主将2年目の主砲は「あのケガが大きかった」と悔しさを露わにした。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 首位ソフトバンクを視界に捉えた矢先の負傷だった。0.5ゲーム差に迫った7月31日楽天戦(札幌ドーム)で右手母指球部挫傷を負った中田はその後も4番として6試合連続で先発出場した。しかし、23打数2安打0打点と結果が出ない。満足にバットを振ることができないため、自ら申し出て8月13日に出場選手登録抹消となった。

「最後の方は自分のスイングができなかった。打つ瞬間に右手を離してしまうようなスイングがあったり、これはちょっと足を引っ張っているだけだなと思って」と苦渋の決断で約2週間戦列を離れた。この8月、チームは5勝20敗1分けという大失速。「一番苦しい時にチームのために動けなかったし、本当に悔しい1年だった」と振り返る。

 負傷するまでは手応えを感じるシーズンだった。7月19日に早くも20号に到達し、7月末時点の成績は打率.262、68打点、23本塁打。特に7月は打率.289、7本塁打と調子を上げていた。「チームの順位も良かったからね。個人的にも正直、今まで一番いいんじゃないかなというペースで来ていたので、なおさら悔しい」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」