野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武が大石に戦力外通告 6球団競合のドラ1右腕は引退へ「野球続けるつもりない」

西武が大石に戦力外通告 6球団競合のドラ1右腕は引退へ「野球続けるつもりない」

西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。今季、1軍登板は2試合のみ。大石は「野球はもう続けるつもりはないです」と引退する意向であることを明かした。

西武から戦力外通告を受けた大石達也【写真:安藤かなみ】
西武から戦力外通告を受けた大石達也【写真:安藤かなみ】

ハム斎藤佑&楽天福井と「早大三羽烏」も…引退は「けっこう前から決めていました」

 西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。今季、1軍登板は2試合のみ。大石は「野球はもう続けるつもりはないです」と引退する意向であることを明かした。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 かつての6球団競合ドラ1に無情の宣告だ。2010年ドラフトの目玉として6球団から指名を受け西武に入団した大石だが、度重なるケガに悩まされた。プロ通算132試合に登板し、5勝6敗8セーブ17ホールドを記録。2016年には36試合登板で防御率1.71、2017年は20試合登板で防御率0.93をマークしたが、昨季は10試合で防御率7.00、今季も2試合で防御率15.43に終わっていた。

 日本ハム・斎藤佑樹、楽天・福井優也と並び『早大三羽烏』と呼ばれ世代を牽引した大石。3人全員がドラフト1位でプロ入りしたが、大石は戦力外通告という形でユニホームを脱ぐことに。「球団から『9年間お疲れさま』と言われました」と明かし、今後については「野球はもう続けるつもりはないです。けっこう前から決めていました。悔しい思いしかしていない。ケガもあったし、思うようなピッチングができなかったり……」と話した。

 怪我に苦しんだプロ人生。「4、5年目はまったく投げることができなかったが、契約をしてもらえた」と球団への感謝の思いも明かした右腕は、西武から戦力外通告を受けたら引退する決意を固めていたという。「『クビ』と言われたらやめようと自分の中で決めていた」と明かし、「入る前にイメージしていた自分とかけ離れていた。悔しい気持ちの場面が多かった」と鳴り物入りで入団して苦しんだ胸中も吐露。さらに「今後はどうするかわからないけど、自分の人生にとっていい経験になった。大学時代に150オーバーと騒がれてプロに入ったけど、150オーバーは1度も出ずに終わった。しょうがないけどもうちょっとやれたかな。スピードが出ていたとしても、抑えられたかはわからない」とも語った。

 引退後は球団がポストを用意する予定で、西武には残る見込みとなっている。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」