野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS1st初戦の先発はホークス千賀VS楽天則本昂 工藤監督と平石監督が前日会見で公表

5日から始まる「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージに向けて公式会見が行われ、ソフトバンクの工藤公康監督と楽天の平石洋介監督は会見の場で初戦の先発投手を公言した。

CS公式会見に臨んだソフトバンク・工藤公康監督(左)と楽天・平石洋介監督【写真:藤浦一都】
CS公式会見に臨んだソフトバンク・工藤公康監督(左)と楽天・平石洋介監督【写真:藤浦一都】

工藤監督「今年1年投手の中心として期待通りの期待通りの投球を見せてくれた」

■ソフトバンク – 楽天(CS・5日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 5日から始まる「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージに向けての公式会見が4日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドーム内で行われた。ソフトバンクから工藤公康監督、柳田悠岐外野手、楽天から平石洋介監督、銀次内野手が出席し、両監督から初戦の先発投手が発表された。

 ソフトバンクは今季13勝をマークした千賀滉大投手が先発。今季はリーグダントツの227奪三振をマークして最多奪三振のタイトルを獲得したソフトバンクの大黒柱だ。一方、楽天は則本昂大投手が先発。今季は手術の影響で出遅れ、12試合の登板で5勝に終わったものの、終盤には2試合連続で無失点投球を見せるなど復調気配を漂わせていた。

 今季の最多奪三振の千賀と、2014年からの5年連続最多奪三振に輝いた則本昂という“奪三振王対決”となる。工藤監督は「今年1年投手の中心として期待通りの期待通りの投球を見せてくれた。素晴らしい投球をしてくれると信じている」と全幅の信頼を語れば、平石監督も「則本は今年1年色々な経験をした。経験して1回りも2回りもさらに成長した姿も感じましたし、終盤は則本らしいピッチングをしていた。これまでの信頼は変わりません」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」