野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元阪神マートン氏、CSへ向けて日本語で「タイガース頑張って!」 虎党は大喜び

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は5日に開幕する。セ・リーグはペナントレース2位のDeNAと3位の阪神が横浜スタジアムで激突。決戦を前に、2015年まで6シーズンに渡って阪神でプレーしたマット・マートン氏が「タイガース頑張って!」とツイッターで“ゲキ”。ファンも大喜びしている。

阪神で活躍したマット・マートン氏(写真はカブス所属時)【写真:Getty Images】
阪神で活躍したマット・マートン氏(写真はカブス所属時)【写真:Getty Images】

5日にCSファーストステージ開幕、ファンは「マートンだいすき」

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は5日に開幕する。セ・リーグはペナントレース2位のDeNAと3位の阪神が横浜スタジアムで激突。決戦を前に、2015年まで6シーズンに渡って阪神でプレーしたマット・マートン氏が「タイガース頑張って!」とツイッターで“ゲキ”。ファンも大喜びしている。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神はレギュラーシーズン6連勝で広島を逆転し、3位に滑り込んでCSに進出。敵地に乗り込み、CSに挑む。

 マートンは試合開始の約3時間前にツイッターで「タイガース頑張って!」と日本語で投稿。加入1年目の2010年に当時NPB記録の214安打をマークするなど、6シーズンに渡って阪神を支えた元助っ人のエールにファンも大喜びだった。

「マートン居た時みたいに下剋上ありますように」
「マートンだいすき」
「マートンさん! ありがとう!」
「Thank you MURTON!」
「おおきに!」
「マートンさん あいしてる~」
「マートンサンアイシテル!」

 マートンが在籍していた2014年、阪神は2位でレギュラーシーズンを終えると、CSファーストステージでは広島相手に1勝1分で勝ち抜けを決めると、ファイナルステージは巨人に4連勝で“下剋上”。日本シリーズに進出した。今年もDeNAとのCSファーストステージ、巨人が待ち受けるCSファイナルステージを勝ち抜けば、今季限りで退団する鳥谷敬内野手も再びタテジマで甲子園でプレーできる。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」