野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキース10点大勝発進! ツインズとの“超重量打線”対決で圧倒 第2戦は田中先発

ヤンキース10点大勝発進! ツインズとの“超重量打線”対決で圧倒 第2戦は田中先発

・リーグの地区シリーズは4日(日本時間5日)、各地で開幕。ヤンキースは本拠地で行われたツインズとの地区シリーズ第1戦で10-4で先勝した。5日(同6日、試合開始6時7分)第2戦では田中将大投手が先発。リーグ優勝決定シリーズへ王手をかけたいところだ。

4打点と活躍したヤンキースのDJ・ルメイヒュー【写真:Getty Images】
4打点と活躍したヤンキースのDJ・ルメイヒュー【写真:Getty Images】

ポストシーズンでのツインズ戦は11連勝、ツ軍は3発もつながりを欠く

■ヤンキース 10-4 ツインズ(地区シリーズ・日本時間5日・ニューヨーク)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ア・リーグの地区シリーズは4日(日本時間5日)、各地で開幕。ヤンキースは本拠地で行われたツインズとの地区シリーズ第1戦で10-4で先勝した。5日(同6日、試合開始6時7分)第2戦では田中将大投手が先発。リーグ優勝決定シリーズへ王手をかけたいところだ。

 ヤンキースが年間306本塁打、ツインズが年間307本塁打と両軍が年間本塁打記録を大幅に記録した“超重量打線”対決。ヤンキースが打ち合いを制した。同点に追いつかれた5回1死満塁で、トーレスの左翼線2点二塁打で勝ち越し。6回にはルメイヒュー、ガードナーの一発が飛び出し、7回2死満塁ではルメイヒューの走者一掃の3点二塁打でダメ押した。2本塁打を含む8安打で10得点を打線が活発だった。

 投げては先発のパクストンが5回途中5安打3失点。その後はオッタビーノ、ケインリー、グリーン、ブリットン、ハップ、チャップマンとつないだ。ポストシーズンの大勝発進に4万9233人の地元ファンも大熱狂。ツインズとのポストシーズンは04年地区シリーズから11連勝となった。

 ツインズは初回1死からポランコの左越え1号ソロで先制。3回にクルーズの右越え1号ソロ、6回にはサノの右越え1号ソロと3本塁打を放ったが、打線がつながりを欠いた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」