野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS1st第2戦はソフトバンクが2点をリード 柳田2打点、デスパが3打点

ソフトバンクと楽天による「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージは6日、第2戦が行われ、5回を終えてソフトバンクが6-4で2点をリードしている。

勝ち越し2ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】
勝ち越し2ランを放ったソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】

楽天は浅村が2試合連発を含む3打点と活躍するも、リード許す

■ソフトバンク – 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクと楽天による「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージは6日、第2戦が行われ、5回を終えてソフトバンクが6-4で2点をリードしている。

 先制したのは楽天だった。初回、内野安打と四球で無死一、二塁のチャンスを作ると、浅村、ブラッシュの内野ゴロで走者が進塁して先制に成功した。ソフトバンクはその裏、柳田がソロ本塁打を放って、すぐさま同点に追いついた。

 先に勝ち越したのは楽天。3回に浅村が2試合連発となるソロ本塁打を放って1点のリードを奪った。ソフトバンクはその裏、柳田が左中間を破る適時二塁打、デスパイネが左翼スタンドへと突き刺さる2ランを放って逆転に成功した。

 シーソーゲームとなった一戦は4回、楽天が浅村の2点適時打で再び同点に。だが、ソフトバンクは直後の攻撃で福田が特大のソロ本塁打を放って再び勝ち越し。5回にはデスパイネの適時打で1点を追加し、5回を終えて2点をリードしている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」