野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天とわずかな“差”作った鷹・内川の「凄さ」 山崎武司氏が分析、ファイナル展望は…

7日に終了した「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファーストステージは、ソフトバンクが楽天を2勝1敗で下し、6年連続のファイナルステージ進出を決めた。楽天OBの野球解説者、山崎武司氏は2チームについて「時の運くらいなもの」と大きな差はなかったと分析しつつ、勝負を決めたベテランの内川聖一内野手を称賛。西武とのファイナルステージは「いい勝負だと思う」と“予想”した。

CS第2戦で勝ち越しソロホームランを放ったソフトバンク・内川聖一【写真:荒川祐史】
CS第2戦で勝ち越しソロホームランを放ったソフトバンク・内川聖一【写真:荒川祐史】

内川の決勝弾で6年連続CSファイナル進出、山崎氏は「宋は責められない」

 7日に終了した「パーソル クライマックスシリーズ パ」のファーストステージは、ソフトバンクが楽天を2勝1敗で下し、6年連続のファイナルステージ進出を決めた。楽天OBの野球解説者、山崎武司氏は2チームについて「時の運くらいなもの」と大きな差はなかったと分析しつつ、勝負を決めたベテランの内川聖一内野手を称賛。西武とのファイナルステージは「いい勝負だと思う」と“予想”した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 決戦となった第3戦について、山崎氏は「どっちが勝ってもよかったゲーム展開」としつつ、楽天の“敗因”を「同点の6、7回と2つのチャンスで点をとれなかったことがすべて」と指摘。6回は1死一、二塁でブラッシュが2番手・高橋純の前に遊ゴロ併殺打に倒れ、7回は1死三塁の絶好機でウィーラーが遊ゴロ、フェルナンドが空振り三振と代打2人がルーキー甲斐野に討ち取られた。

「そこで1点でも勝ち越せば、後ろは盤石なわけだから、あれをモノにできなかったのが敗因。ソフトバンクも高橋純がちょっとフラフラしてたんだけど、ブラッシュがバッターカウントでちょっと消極的というか、当てたような当たりで、思い切って行ってなかった。甲斐野はストレートは行っていたけど、フォークがイマイチだったから、ひょっとしたらチャンスあるかなと思ったけど……。7回については正直、代打が弱かったな」

 一方で、ソフトバンクも楽天先発・岸の前に6回まで1得点に抑えられたが、7回に2番手・宋から“CS男”の内川が値千金のソロ弾を放った。ただ、山崎氏は「宋は責められない」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」