野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 巨人、先勝でアドバンテージ含め2勝! 山口が快投、丸&岡本&亀井&坂本勇で5得点

巨人、先勝でアドバンテージ含め2勝! 山口が快投、丸&岡本&亀井&坂本勇で5得点

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが9日に開幕し、第1戦はペナントレース王者の巨人が5-2で3位阪神に勝利。アドバンテージの1勝も入れて、2勝0敗とした。初回に丸と岡本の連続弾、2回には亀井と坂本勇のタイムリーと序盤に5点をもぎ取り、先発の山口が8回途中4安打1失点7奪三振の好投でリードを守った。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

山口は8回途中1失点の快投、阪神は先発・望月が2回5失点…

■巨人 5-2 阪神(CS・9日・東京ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが9日に開幕し、第1戦はペナントレース王者の巨人が5-2で3位阪神に勝利。アドバンテージの1勝も入れて、2勝0敗とした。初回に丸と岡本の連続弾、2回には亀井と坂本勇のタイムリーと序盤に5点をもぎ取り、先発の山口が8回途中4安打1失点7奪三振の好投でリードを守った。

 初回、巨人は山口が3者凡退の好投を見せると、その裏に先頭・亀井が四球で出塁。しかし、坂本勇が遊ゴロ併殺打に倒れる。一瞬、嫌なムードが漂ったが、続く丸が阪神先発・望月からバックスクリーン左へ先制ソロ。続く岡本もレフトスタンドに叩き込み、2者連続弾で強烈な先制パンチを浴びせた。

 さらに、2回は2死一、二塁から亀井がレフト線への適時二塁打を放つと、続く坂本勇がセンター前に落とす適時打。2者が生還し、この回3得点でリードを5点に広げた。

 その後、打線は追加点を奪えなかったものの、山口は3回までパーフェクトで6三振を奪う快投。4回には2死からヒット2本と四球で満塁のピンチを招き、暴投で1点を失ったものの、最後は大山をスライダーで中飛に仕留めて最少失点で切り抜けた。

 5、6回は3者凡退。7回は1安打を浴びながらも、無失点に抑える。8回先頭の北條にヒットを浴び、木浪を二ゴロに仕留めたところで降板。2番手・中川が後続を立ち、この回は無失点に抑えた。勝利、勝率、奪三振の投手3冠に輝いた山口は、CSでも輝いた。

 9回はデラロサが乱調で押し出し四球を与えたが、最後は田口が抑えて逃げ切り。「伝統の一戦」となったCSファイナルステージの初戦を取り、2勝0敗に。日本シリーズ進出まで、あと2勝とした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」