野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

昨年の雪辱を…西武今井がホークス斬りへ先発「初回から100%の球を」

西武の今井達也投手が10日のソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に先発する。前日に報道陣に対応した今井は「先制点を与えないことが大事。相手に流れを渡さないように、初回から100%の球を投げる」とエンジン全開での快投を誓った。

西武・今井達也【写真:荒川祐史】
西武・今井達也【写真:荒川祐史】

今季の対ソフトバンク戦は4試合登板、2勝1敗、防御率5.61「要所でいいボールを」

■西武 – ソフトバンク(CS・10日・メットライフ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武の今井達也投手が10日のソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に先発する。前日に報道陣に対応した今井は「先制点を与えないことが大事。相手に流れを渡さないように、初回から100%の球を投げる」とエンジン全開での快投を誓った。

 昨年はCSファイナル第4戦目で先発したものの、ソフトバンク打線相手に5回途中4失点で降板している今井。今年は高卒3年目ながら先発ローテの一角を担い、チーム最多の135回1/3を投げるなど成長を見せている。「野手の方々の練習を見ていても緊張感があるし、集中してやっていると感じる。自分も乗り遅れないようにしたい」と意気込んだ。

 今季ソフトバンクに対しては2勝1敗と勝ち越しているが、防御率は5.16と相性がいいわけではない。「甘いボールはどんどん振ってくる。低めに丁寧に集めて、大胆に行くところでは強いボールを投げたい。森さんのリード通り、要所でいいボールを投げられたら」と鷹封じを宣言していた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」