野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクが追加点でリード広げる 牧原の犠飛で2点目、松田宣が2度の好走塁

ソフトバンクがさらにリードを広げた。10日に敵地メットライフドームドームで行われた西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。初回に先制したソフトバンクは2回にも牧原の犠牲フライで1点を追加した。

2回に追加点となる犠牲フライを放ったソフトバンク・牧原大成【写真:荒川祐史】
2回に追加点となる犠牲フライを放ったソフトバンク・牧原大成【写真:荒川祐史】

初回に先制すると、2回には牧原の右犠飛で2点目を奪う

■西武 – ソフトバンク(CS・10日・メットライフ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクがさらにリードを広げた。10日に敵地メットライフドームドームで行われた西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。初回に先制したソフトバンクは2回にも牧原の犠牲フライで1点を追加した。

 初回、いきなり2死一、三塁のチャンスを作り、この日スタメンに復帰した中村晃の右前適時打で1点を先制。幸先良くリードを奪うと、2回には1死から松田宣が四球で出塁、高谷が左中間へ安打を放つと、松田宣は一気に二塁を蹴って三塁を陥れた。

 続く牧原の打球は右翼木村の前方へのライナーとなった。前進しながら木村が捕球すると、思い切って松田宣はスタートを切り、一気に本塁へ生還した。松田宣の2度の好走塁でソフトバンクのリードは2点となった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」