野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「売り子ペナントレース」優勝のななさん、本塁打直撃も「ここで休んでいられないって…」

ロッテは今季、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に大好評企画「売り子ペナントレース」を開催。9月には各月優勝者5人による決勝ラウンドが行われ、売り子2年目のななさん(アサヒビール)が見事、優勝を飾った。

「売り子ペナントレース」で見事優勝した売り子2年目のななさん【写真:編集部】
「売り子ペナントレース」で見事優勝した売り子2年目のななさん【写真:編集部】

好評「売り子ペナントレース」に初出場、決勝ラウンドは「気合が入っていました」

 ロッテは今季、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に大好評企画「売り子ペナントレース」を開催。9月には各月優勝者5人による決勝ラウンドが行われ、売り子2年目のななさん(アサヒビール)が見事、優勝を飾った。

「売り子ペナントレース」は、昨年に引き続き2度目の開催。今年はルールを変更し、勤続年数に応じて、日々の売上げ杯数にボーナスを加算する方式となった。1年目は1日の売上杯数の150%、2年目は140%、3年目は130%、4年目は120%で、5年目以上はボーナスなし。ソフトドリンク・日本酒の売上げは勤続年数に関わらず200%に設定されていた。

 さらに、月ごとの売上杯数1位の売り子が、9月の決勝ラウンドに進出する新方式も採用。決勝ラウンドでは、110人の参加者の中から各月の優勝者5人が頂点を目指し、熾烈なデッドヒートを繰り広げた。ZOZOマリンのレジェンドで売り子歴24年の近藤晃弘さん、元カンパイガールズのリーダーで売り子歴12年の今井さやかさんといったベテラン勢に競り勝ち、頂点に立ったのが2年目のななさんだった。

「Full-Count」では、決勝ラウンドで3811杯(2年目のため売り上げ杯数の140%で計算)を売り上げた“女王”ななさんを直撃し、優勝の喜びを語ってもらった。

「実感が沸いていなかったんですが、ニュースを見た友達や同級生などから『おめでとう』というメッセージをもらって、1位になれた実感がだんだん湧いてきました」

 そう笑顔で話すななさんは、昨年8月初旬から売り子を始め、実質1年2か月で100人の頂点に立った。8月のチャンピオンとなり、最後の1枠で滑り込んだ決勝ラウンド。「いつもより気合が入っていました」とやる気全開で臨んだが、同時に「球場にもいつもより早く来て、リラックスする時間を作ったりしていました」と、シーズン佳境を戦う野球選手のようにプレッシャーも感じていたようだ。

 しかし、蓋を開けてみると途中経過発表では常に1位。最後まで首位の座を明け渡さない横綱相撲でレースを制した。それでも「最後まで1位になれる自信は全然なくて、いつどのタイミングで抜かされていてもおかしくないと思っていたので、最後の最後までドキドキしていました」と、全力投球で1か月を駆け抜けた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」