野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 丸のセーフティスクイズに凝縮された「野球偏差値の高さ」 日本Sは「巨人有利」か

丸のセーフティスクイズに凝縮された「野球偏差値の高さ」 日本Sは「巨人有利」か

巨人は13日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で阪神に4-1で快勝。6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。原辰徳監督が復帰した今季、5年ぶりのリーグ制覇を果たした巨人。短期決戦のCSでもその強さを見せつけた。

巨人・丸佳浩【写真:Getty Images】
巨人・丸佳浩【写真:Getty Images】

決勝点をもぎったセーフティースクイズは「チームに対しての“献身”が出た」

 巨人は13日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で阪神に4-1で快勝。6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。原辰徳監督が復帰した今季、5年ぶりのリーグ制覇を果たした巨人。短期決戦のCSでもその強さを見せつけた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は、決勝点をもぎ取った丸佳浩外野手のセーフティスクイズについて「丸の野球偏差値の高さが分かったプレー」と絶賛。「巨人の方が全ておいて上手だった」と振り返った上で、ソフトバンクと対戦する日本シリーズは「互角以上」と“巨人有利”を予想した。

 誰もが驚いた。1-1の同点で迎えた6回、2死三塁のチャンスで打席に入った丸は、初球のシュートに対して右足を上げてから何とセーフティスクイズ。三塁方向に転がったボールに阪神先発・西も素早く反応し、一塁へとボールを投げたが、送球はわずかに逸れてセーフとなった。味方、敵、ファンと誰もが予想していなかった衝撃的なプレー。野口氏も「凄かった」と唸った。

「丸という選手の野球偏差値の高さが改めて分かりました。あそこであれができるんだから凄い。全員がノーマークだったと思います。ここでバントすると思った人は誰もいないでしょう。西に対して、自分もチームも打ちあぐねていて、何をやったら最も点を取りやすいかと考えた結果があれだったと思います。チームに対しての“献身”が出たかなと。ここで点を取ればかなり有利になるというところ。ピッチャーが代わった後で、ここから巨人は勝ちパターンのピッチャーがどんどん出ていくという展開になった中で、1点リードしておくためには何をするか、というところでしたね」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」