野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【ドラフト】最速154キロ右腕、西純矢は阪神が1位指名、外れ1位で交渉権獲得

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、東京都内のホテルで開催され、最速154キロ右腕、創志学園の西純矢投手は阪神から1位指名された。最初の入札では指名がなかったが、外れ1位で阪神が指名した。

創志学園・西純矢【写真:編集部】
創志学園・西純矢【写真:編集部】

西は2年夏の甲子園で16奪三振、今年は侍ジャパンで投打に活躍

「2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、東京都内のホテルで開催され、最速154キロ右腕、創志学園の西純矢投手は阪神から1位指名された。最初の入札では指名がなかったが、外れ1位で阪神が指名した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西は昨年の全国高校野球選手権大会に2年生ながら背番号「1」をつけて出場。創成館(長崎)との1回戦で16三振を奪って4安打完封勝利を飾り、一躍注目を浴びる存在になった。

 3年時は甲子園に出場できなかったものの、侍ジャパンU-18代表に選出されて「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場。投手としてはチーム最多の13回1/3を投げ、17三振を奪って防御率1.35。打者としても打率.500(12打数6安打)2本塁打、9打点の活躍で大会本塁打王に輝いた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」