野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 【ドラフト】“外れ1位”でJFE西日本・河野と東芝・宮川に2球団ずつが競合 河野はハム、宮川は西武

【ドラフト】“外れ1位”でJFE西日本・河野と東芝・宮川に2球団ずつが競合 河野はハム、宮川は西武

2019年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催された。大船渡の佐々木朗希投手、星稜の奥川恭伸投手、明大の森下暢仁投手に注目が集まる中、JFE西日本の河野竜生投手、東芝の宮川哲投手に“外れ1位”で2球団ずつが競合した。

日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

河野には石川を外したオリックス、佐々木を外した日本ハムが入札

 2019年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は17日、都内のホテルで開催された。大船渡の佐々木朗希投手、星稜の奥川恭伸投手、明大の森下暢仁投手に注目が集まる中、JFE西日本の河野竜生投手、東芝の宮川哲投手に“外れ1位”で2球団ずつが競合した。

 徳島・鳴門高からJFE西日本入りした河野は、最速151キロを誇る左腕。社会人ナンバーワン投手の呼び声高く、即戦力として期待がかかる。石川を外したオリックス、佐々木を外した日本ハムが“外れ1位”で入札し、日本ハムの栗山英樹監督が抽選の末に“当たり”を引いた。

 宮川には奥川を外した巨人と佐々木を外した西武が競合。セパのリーグ優勝対決となった抽選は、西武・辻発彦監督が“当たり”を引き、交渉権を確定させた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」