野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 高3でTJ手術も「筋肉は裏切らない」 楽天3位の慶大津留崎はダル流トレで進化

高3でTJ手術も「筋肉は裏切らない」 楽天3位の慶大津留崎はダル流トレで進化

学ランの上からでもよく分かる屈強な体をした右腕が、瞳を真っ赤に染める。苦しんだ日々を思うと、こらえきれなかった。17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、楽天から3位指名された慶大・津留崎大成投手。慶応高校3年の秋に右肘の靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を決断し、復帰登板まで1年半を要した。投げられない不安を打ち消すように取り組んできたウエートトレーニングが球速9キロアップを生み、プロへの道を開いた。

楽天から3位指名を受けた慶応大・津留崎大成【写真:小西亮】
楽天から3位指名を受けた慶応大・津留崎大成【写真:小西亮】

高校3年時に右肘手術、「もう投手はできないかもしれない」と覚悟した日も

 学ランの上からでもよく分かる屈強な体をした右腕が、瞳を真っ赤に染める。苦しんだ日々を思うと、こらえきれなかった。17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、楽天から3位指名された慶大・津留崎大成投手。慶応高校3年の秋に右肘の靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を決断し、復帰登板まで1年半を要した。投げられない不安を打ち消すように取り組んできたウエートトレーニングが球速9キロアップを生み、プロへの道を開いた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 腕が曲がらない。思うように動かない。「もう投手はできないかもしれない」。覚悟した時期もあった。同期の郡司裕也(中日4位)や柳町逹(ソフトバンク5位)が1年生から東京六大学リーグ戦で活躍する姿を見ていると、ろくに球を投げられない自らが余計に不甲斐なかった。プロなんて頭の片隅にも想像できず、ただ「チームの戦力になりたい」と思うばかりだった。

 そんな時、2015年にトミー・ジョン手術を受けたダルビッシュ有(現カブス)の記事をふと見かけた。復帰を助けるトレーニングの重要性に気付かされ「基礎筋力をつけないとうまくはいかない」と一念発起。リハビリの一環でいざ取り組み始めると、すぐに没頭するようになった。「ウエートをやっていると、自分の体が格好良くなっていくんです(笑)」。今ではスクワットで180キロ、ベンチプレスで110キロを上げるまでになった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」