野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹デスパイネが死球に怒り露わ ヘルメット投げ捨て、場内は騒然

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が、珍しく怒りを露わにするシーンがあった。19日に本拠地ヤフオクドームで開幕した巨人との日本シリーズ。6回の打席で山口俊から死球を受けると、ヘルメットを地面に投げつけて怒りを表に出した。

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:荒川祐史】

山口俊のフォークが抜けて、左腕を直撃

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が、珍しく怒りを露わにするシーンがあった。19日に本拠地ヤフオクドームで開幕した巨人との日本シリーズ。6回の打席で山口俊から死球を受けると、ヘルメットを地面に投げつけて怒りを表に出した。

 この回先頭の牧原が右翼線への二塁打で出塁。今宮の犠打、柳田の四球で1死一、三塁の場面で打席へ立った。その初球、山口俊のフォークが抜けると、左腕を直撃。死球となると、ヘルメットを地面に投げつけて怒りを露わに。本拠地のファンも一時、騒然となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」