野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹千賀、鮮やか巨人斬り 7回1失点で白星飾り「勝てるように、その思いだけ」

ソフトバンクは19日、本拠地で行われた巨人との日本シリーズ第1戦に7-2で勝った。先発の千賀滉大投手は106球を投げ、7回を3安打5奪三振3四球1失点の好投で白星を飾った。3年連続で日本シリーズ第1戦に先発した右腕は「初戦に勝てるように、その思いだけで投げた」と声を弾ませた。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

3年連続で日本S開幕投手、失点は2回に阿部に許したソロのみ

■ソフトバンク 7-2 巨人(日本シリーズ・19日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは19日、本拠地で行われた巨人との日本シリーズ第1戦に7-2で勝った。先発の千賀滉大投手は106球を投げ、7回を3安打5奪三振3四球1失点の好投で白星を飾った。3年連続で日本シリーズ第1戦に先発した右腕は「初戦に勝てるように、その思いだけで投げた」と声を弾ませた。

 2回1死から阿部に先制の右越えソロ本塁打を許すも、その裏にグラシアルの逆転が飛び出すと、ペースが上がった。「捕られた後にすぐに打ってくれて感謝しています」。

 2四球を与えた3回をしのぐと、4回から6回まで3人で退ける圧巻の投球。6回は2死からゲレーロ、田中俊に連打を浴びて二、三塁とされるも、代打重信を見逃し三振に仕留めてピンチを断ち切った。

 育成で同期入団の2人の存在が頼りになった。捕手の甲斐は好リードで千賀の良さを引き出し、二塁の牧原がライナーをダイビングキャッチしたほか、6回1死満塁では中村晃の浅い中飛でタッチアップして3点目のホームを陥れた。

「(甲斐)拓也を信じて投げた。牧原には助けられました」と感謝していた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」