野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、柳田に待望の一発! 8回に左中間へソロ、福田も2ランで続き一気に6点差に

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、大きな追加点を叩き出した。20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦。3点をリードした8回に、リードを広げるソロ本塁打を放った。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】

主砲の一発に本拠地のファンも大歓声、「3150」ポーズを大合唱

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・20日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、大きな追加点を叩き出した。20日、ヤフオクドームでの巨人との日本シリーズ第2戦。3点をリードした8回に、リードを広げるソロ本塁打を放った。

 松田宣の3ランで7回に先制したソフトバンク。8回には主砲・柳田に待ち遠しかった一発が飛び出した。2ボール1ストライクからの4球目、桜井の投じたボールを弾き返すと、左中間へのホームランテラス席へと消えるソロ本塁打となった。リードは4点差に拡大。本拠地のファンは柳田の「3150」ポーズの大合唱に湧き上がった。

 さらに1死一塁では途中出場の福田が、高木から右翼ホームランテラス席に飛び込む2ランを放ってさらに2点を加点。リードを6点にまで広げた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」