野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹が日本S中に4選手に戦力外通告 江川、美間は引退へ、市川、岡本は現役続行を希望

ソフトバンクは21日、市川友也捕手、江川智晃外野手、岡本健投手、美間優槻内野手の4選手に来季の契約を結ばない旨を通告した。江川と美間は現役を引退する意向で、市川、岡本の2選手は現役続行を希望している。

球団から戦力外通告を受けたソフトバンク・美間優槻【写真:藤浦一都】
球団から戦力外通告を受けたソフトバンク・美間優槻【写真:藤浦一都】

21日にヤフオクドーム内の球団事務所で球団幹部が通告

 ソフトバンクは21日、市川友也捕手、江川智晃外野手、岡本健投手、美間優槻内野手の4選手に来季の契約を結ばない旨を通告した。江川と美間は現役を引退する意向で、市川、岡本の2選手は現役続行を希望している。  

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2009年のドラフト4位で巨人に入団した市川は2014年に金銭トレードで日本ハムへ、2018年には再び金銭トレードでソフトバンクへ移籍していた。今季は1軍出場なし。「チャンスがあるのなら、選手としてプレーしたい」と現役続行を希望した。

 2004年のドラフト1位で宇治山田商からソフトバンクに入団した江川は今季でプロ15年目。ソフトバンク一筋でプロ生活を送ってきた江川は「やり切った感がある」と語り、今季限りで現役を引退する考えを示した。

 岡本は2013年のドラフト3位で新日鉄住金かずさマジックからソフトバンクに入団。2018年9月に右肘の手術を受けて今季の1軍登板はなかった。「もう少しできるんじゃないかなと。現役を目指してやりたいと、そういうつもりでいます」と語った。

 2018年7月に広島からトレードで加入した美間は「やり切った感はあるし、自分の中では野球に対して一区切りおこうかなと思っている」と現役引退の意向を示した。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」