野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロングランの祭典・三塁打計測トップ5! キングオブ韋駄天の栄冠は誰の手に?

打球が外野手の間を抜けた。打者走者に目を向けると、二塁ベースの手前でスピードを落とさず一気にかけ抜けている。この瞬間、「グワァー!」という歓声で、球場のボルテージが1オクターブ跳ね上がる。三塁打ショーの始まりだ。今年、パ・リーグで三塁打の好タイムを記録したのは、どの選手だろうか? トップ5をみていこう。ちなみに計測方法は、打者が投球をバットに当てた瞬間をスタートとし、三塁ベースに到達した瞬間までとした。

西武・金子侑司(左)、ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
西武・金子侑司(左)、ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

今年三塁への到達時間がもっとも短かった選手は誰か?

 打球が外野手の間を抜けた。打者走者に目を向けると、二塁ベースの手前でスピードを落とさず一気にかけ抜けている。この瞬間、「グワァー!」という歓声で、球場のボルテージが1オクターブ跳ね上がる。三塁打ショーの始まりだ。今年、パ・リーグで三塁打の好タイムを記録したのは、どの選手だろうか? トップ5をみていこう。ちなみに計測方法は、打者が投球をバットに当てた瞬間をスタートとし、三塁ベースに到達した瞬間までとした。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

○三塁打レースを牽引し続ける源田壮亮(西武)

 5位・10秒80、4位・10秒77と立て続けにランク入りしたのは、西武の攻守を支える源田壮亮内野手だ。昨年も10秒71で2位につけており、パ・リーグ三塁打タイムランキングの常連といえる存在である。

 源田の走りを見ていると、二塁ベースを蹴ってから三塁へたどり着くまでの走りに力感のようなものは感じられない。むしろ、八分程度で走っているようである。その点については、以前、本人が「あまり最初から飛ばしすぎると、二塁を蹴ってから失速する」とコメントしていた。トータルでもっとも早く三塁ベースにたどり着く術を心得ているのだ。

 裏を返せば、それは打った瞬間から三塁打を狙っていることを意味する。二塁で止まるのが前提ならば、三塁までのペース配分など不要なはず。このことから、源田選手は優れた打球判断力も持ち合わせていることがわかる。

○その俊足で侍ジャパン入りを引き寄せた周東佑京(ソフトバンク)

 今シーズン、新しいスピードスターが誕生した。それが10秒75で堂々3位に入ったソフトバンクの周東佑京内野手だ。周東は、2017年秋のドラフト会議において育成契約で入団し、今年のシーズン開幕直前に支配下登録されると、早くも4月に一軍の試合で実力を発揮した。

 周東は、身長180センチ、体重74キロというスラッとした体型で、とにかく足が長い。ひと昔前の足が長い選手は、ストライド(歩幅)が広くてもピッチ(回転)が遅く、モッサリとした動作になりがちだったが、現代の“あしなが選手”は、ピッチも速い。三塁打のロングランでは、まさにその特性が最大限に発揮された格好だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」