【高校野球】秋の近畿王者は天理! 大阪桐蔭に12点大勝で5年ぶり優勝

天理は明治神宮大会で仙台育英と対戦

 高校野球秋季近畿大会は4日、決勝戦が奈良・橿原市の佐藤薬品スタジアムで行われ、天理(奈良3位)が大阪桐蔭(大阪1位)を12-4で大勝。5年ぶり9度目の優勝を飾り、15日に開幕する第50回明治神宮大会の出場を決めた。

 天理は初回に3番河村が左越えへ先制2ラン。1点リードの6回には8番田中と1番下林の適時打、2番山元の左越え3ランで一挙5点を奪った。大阪桐蔭は8回に3点を奪ったが、反撃は届かなかった。

 天理は明治神宮大会に近畿地区代表として出場。16日の第2試合、東北地区王者の仙台育英と対戦する。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY