野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】連勝で突破決めた侍J、初スタメンの山田は無安打も「心配はいらない」ワケ

野球日本代表「侍ジャパン」は6日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のオープニングラウンド第2戦・プエルトリコ戦に臨み、4-0で完勝した。先発の高橋礼投手(ソフトバンク)が、5回までプエルトリコ打線をパーフェクトに封じるなど6回1安打無失点の快投。打線は3回に鈴木誠也外野手(広島)の3ランなどで4点で奪った。

プエルトリコ戦に「1番・一塁」で先発した侍ジャパンのヤクルト・山田哲人【写真:Getty Images】
プエルトリコ戦に「1番・一塁」で先発した侍ジャパンのヤクルト・山田哲人【写真:Getty Images】

6回1安打零封の高橋は「肝が座っている投手」、3ランの主砲は「普段の鈴木誠也」

 野球日本代表「侍ジャパン」は6日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のオープニングラウンド第2戦・プエルトリコ戦に臨み、4-0で完勝した。先発の高橋礼投手(ソフトバンク)が、5回までプエルトリコ打線をパーフェクトに封じるなど6回1安打無失点の快投。打線は3回に鈴木誠也外野手(広島)の3ランなどで4点で奪った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 侍ジャパンは2連勝を飾り、日本で行われるスーパーラウンド進出が決定。不調だった坂本勇人内野手(巨人)が2安打を放つなど明るい材料もあった。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間はヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「今後に向けて楽しみな気持ちを持たせてくれる一戦になった」と指摘。このプエルトリコ戦が初スタメンとなった山田哲人内野手(ヤクルト)にヒットは出なかったが、「心配はいらない」と話した。

 まずは、サブマリン投法でプエルトリコ打線を手玉に取った高橋について、野口氏は「(相手は)初見では(打つのは)無理でしょうね」と指摘。投球自体も「見事だった」と振り返り、精神面の強さを評価した。

「プエルトリコ打線があの投げ方を嫌がっているのかな、という感じはありましたが、ボール自体もすごくいい。バッターの手元での力が非常にある。スピードガン表示よりも全然速い感じですね。高めの真っ直ぐも有効に使えていて、インコースにもしっかり飛び込めている。そういうところが素晴らしいですね。インコースの速い球に意識がいったなと思ったらシンカーなり、スライダーなりでうまいこと押したり引いたりができている。肝が据わっている投手に見えますね。相手は何回か対戦してようやく糸口を、というピッチャーだと思います。国際大会でも生きるピッチャーですね」

 今大会は先発での起用となっているが、国際大会では救援としての起用も面白いと指摘。「これから先、ジョーカー的に使いたいピッチャーですね。ピンチで中継ぎで出す、ということをしたいピッチャーではあるかなと」。金メダルを目指す来年の東京五輪に向けても、その価値を再確認できる投球となった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」