野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍ジャパン、5回を終えて台湾を4点リード 鈴木が2ラン含む3打点、3連勝へ主導権握る

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦を戦い、5回まで4点のリードを奪っている。初回にいきなり4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時三塁打などで2点を先制。3回には鈴木が2戦連発となる2号2ランを放ち、リードを4点に広げた。

侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:Getty Images】
侍ジャパンの広島・鈴木誠也【写真:Getty Images】

先発の今永は粘りのピッチングで、3回を投げて4安打無失点

■日本 – チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・7日・台湾)

「プレミア12」で世界一へ…強化試合で見えた侍ジャパンの「課題」と「収穫」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦を戦い、5回まで4点のリードを奪っている。初回にいきなり4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時三塁打などで2点を先制。3回には鈴木が2戦連発となる2号2ランを放ち、リードを4点に広げた。

 初回2死一塁で打席に入った鈴木は左中間を破る先制の適時三塁打。さらに吉田も適時打で続き、初回に2点を先行した。2点リードで迎えた3回には、鈴木が左翼スタンドへの2戦連発の2ラン。リードを4点に広げた。

 先発の今永は走者を出しながら、粘りのピッチング。初回2死一、三塁、3回1死満塁のピンチを凌いで3回4安打無失点で降板。2番手の大野も4回、5回とそれぞれ安打を浴びながら、あと1本を許さずに無失点を続けている。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月11日(月)午後6時45分~ 「スーパーラウンド」
11月13日(水)午後6時45分~ 「スーパーラウンド」
11月17日(日)「決勝」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」