野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍Jが首位突破 稲葉監督はスーパーRへ手応え「打撃陣が非常に良い状態にきた」

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦に臨み、8-1で勝利した。初回に4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時三塁打などで2点を先制すると、3回には鈴木が2戦連発となる2号2ランを放った。無傷の3連勝でB組首位突破。11日から東京と千葉で行われるスーパーラウンドに駒を進め、稲葉篤紀監督は「打撃陣が非常に良い状態に来てくれた」と手応えを示した。

侍ジャパンはチャイニーズ・タイペイを8-1で下しB組を首位通過【写真:Getty Images】
侍ジャパンはチャイニーズ・タイペイを8-1で下しB組を首位通過【写真:Getty Images】

スーパーラウンドは“1勝スタート”「投手はもともとみんないいので、このまま継続してやってくれれば」

■日本 8-1 チャイニーズ・タイペイ(プレミア12・7日・台湾)

「プレミア12」で世界一へ…強化試合で見えた侍ジャパンの「課題」と「収穫」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、台湾・台中市の台中インターコンチネンタル野球場で「WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンド第3戦のチャイニーズ・タイペイ戦に臨み、8-1で勝利した。初回に4番の鈴木誠也外野手(広島)の適時三塁打などで2点を先制すると、3回には鈴木が2戦連発となる2号2ランを放った。無傷の3連勝でB組首位突破。11日から東京と千葉で行われるスーパーラウンドに駒を進め、稲葉篤紀監督は「打撃陣が非常に良い状態に来てくれた」と手応えを示した。

 初回2死一塁で4番の鈴木が左中間を破る先制の適時三塁打。吉田も適時打を放ち、初回に2点を先行した侍ジャパン。3回には鈴木が2戦連発となる2ランを左翼スタンドへ叩き込んだ。投手陣は先発の今永が走者を出しながら、粘りの投球で3回4安打無失点で降板。救援陣も1失点でつなぎ、菊池の2度の美技も光った。

 稲葉監督は試合後の記者会見で「今日は台湾のファンの大声援が予想以上にすごかった。先制点が取れたのが大きかった。1点ではなく2点入ったのは大きかった。先制、中押し、ダメ押しと点が取れた。台湾の打者はいい打者が多くていいところ見極められたりしたが、アウェーの中で今永が粘り強くしっかり抑えてくれたと思います。その後の投手も走者を出しながら粘り強くいいピッチングをしてくれた」と満足げに振り返った。

 侍ジャパンは3連勝。11日からのスーパーラウンドでは別組だった4か国とだけ対戦し、チャイニーズ・タイペイとの対戦成績は引き継がれるため、1勝0敗でスーパーラウンドのスタートを迎える。指揮官は「この3試合通して打撃が非常に3試合でいい状態にきてくれた。投手はもともとみんないいので、このまま継続してやってくれればいい」と、世界一へ向けて手応えを示していた。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月11日(月)午後6時45分~ 「スーパーラウンド」
11月13日(水)午後6時45分~ 「スーパーラウンド」
11月17日(日)「決勝」

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」