野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 【プレミア12】韓国が5回に4点追加で6点リード 負ければ敗退のキューバは厳しい展開…

【プレミア12】韓国が5回に4点追加で6点リード 負ければ敗退のキューバは厳しい展開…

「第2回 WBSC プレミア12」のオープニングラウンドは8日に最終日を迎えた。最後の試合となった韓国-キューバ戦は、韓国が5回に4点を加えて6点リードに。敗れれば敗退が決まるキューバはソフトバンクのデスパイネ、グラシアルがスタメン出場しているが、厳しい展開となっている。

韓国代表のパク・ビョンホ【写真:Getty Images】
韓国代表のパク・ビョンホ【写真:Getty Images】

元ツインズのパク・ビョンホらが適時打で追加点、キューバは鷹デスパ&グラ先発も

■韓国 – キューバ(プレミア12・8日・韓国)

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

「第2回 WBSC プレミア12」のオープニングラウンドは8日に最終日を迎えた。最後の試合となった韓国-キューバ戦は、韓国が5回に4点を加えて6点リードに。敗れれば敗退が決まるキューバはソフトバンクのデスパイネ、グラシアルがスタメン出場しているが、厳しい展開となっている。

 韓国はすでにスーパーラウンド進出が決定済み。キューバは勝てば進出が決まるが、負ければ敗退となる。

 2回、韓国は3四死球で2死満塁のチャンスを掴み、キム・ハソンがフルカウントからレフト前に運ぶタイムリー。2点を先制した。そして5回、1死一、二塁の好機で元ツインズの4番パク・ビョンホがセンター前に運ぶタイムリー。続く昨季韓国リーグMVPのキム・ジェファンもセンター前に弾き返し、この回2点目を奪うと、ヤン・ウィジの犠飛、キム・ヒョンスのタイムリーでさらに2点を追加した。

 日本で行われるスーパーラウンドには日本、チャイニーズ・タイペイ、メキシコ、米国、韓国の進出が決定済み。来年の五輪出場権もかかっている今大会だが、モイネロも含めたソフトバンクの3選手、中日のR・マルティネス、A・マルティネスとNPB所属の5選手が選出されているキューバは、追い込まれている。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」