野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 「ユニホームを着てる姿がみたい」 新妻の言葉を胸にトライアウトに挑む中日捕手

「ユニホームを着てる姿がみたい」 新妻の言葉を胸にトライアウトに挑む中日捕手

正捕手に最も近い位置にいながら、気づけば3年間でどん底まで転げ落ちた。今季限りで中日を戦力外となった杉山翔大捕手は、11月12日に開かれる「プロ野球12球団合同トライアウト」に再起をかける。今季2軍戦で内野に回る不遇も味わい、あらためて捕手へのこだわりを再確認。今年1月に結婚したばかりの新妻にも背中を押され、背水のグラウンドに立つ。

中日から戦力外通告を受けた杉山翔大【写真:小西亮】
中日から戦力外通告を受けた杉山翔大【写真:小西亮】

2016年には104試合出場も、この2年間は1軍出場機会なし

 正捕手に最も近い位置にいながら、気づけば3年間でどん底まで転げ落ちた。今季限りで中日を戦力外となった杉山翔大捕手は、11月12日に開かれる「プロ野球12球団合同トライアウト」に再起をかける。今季2軍戦で内野に回る不遇も味わい、あらためて捕手へのこだわりを再確認。今年1月に結婚したばかりの新妻にも背中を押され、背水のグラウンドに立つ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 9月30日、2軍マネジャーから「明日、球団事務所に行って」と言われ、すぐに察した。「来たか…」。今季1軍昇格のなかった数少ない選手の1人。加えて2年連続で1軍出場なしとなれば、疑う余地はなかった。もちろん予想はしていたが、いざ現実を突きつけられるとなると、さすがに堪えた。

 乱高下の7年間だった。早大時代に東京六大学リーグ「3冠王」に輝き、ドラフト4位で入団するも、2年目まで2軍暮らし。迎えた3年目の2015年、突如として回ってきた1軍機会でバットでも結果を残し、64試合に出場した。翌16年は104試合、規定には達しないものの打率.260で一気に台頭。長年、中日の正捕手を担ってきた谷繁元信氏が現役を引退して監督専念となった年だっただけに、「ポスト谷繁」の期待は痛いほど伝わってきた。

「あそこが勝負所でした」。そう杉山が振り返る。真価が問われた17年。終わってみれば39試合出場にとどまった。万年Bクラスになりつつある現状に「チーム低迷の責任まで背負いこんで、考え込んで結果を求め過ぎてしまった」。売りだったはずの打撃が崩れ、バットに意識を注ぎすぎるとマスクにも影響が出た。負のスパイラルに陥っている間に、立場はすぐに変わった。

「チャンスがあるときに、結果が残せなかったということです。考え過ぎず、もっとがむしゃらにやればよかった」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」