野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍J、稲葉監督も驚く7回の“足攻” 周東三盗「大きい」源田バント「まさか」

野球日本代表「侍ジャパン」は11日、ZOZOマリンスタジアムで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド初戦オーストラリア戦を3-2で逆転勝利。7回に同点に追いつく源田のセーフティーバントに稲葉監督は「もちろんノーサインで本人の意思でやりました。私もまさかと思いましたけど」と驚きの声を上げていた。

源田のセーフティバントで生還した侍ジャパンのソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
源田のセーフティバントで生還した侍ジャパンのソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

7回に代走・周東が二盗、三盗を決め2死三塁から源田が意表を突くセーフティーで同点

■日本 3-2 オーストラリア(プレミア12・11日・ZOZOマリン)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 野球日本代表「侍ジャパン」は11日、ZOZOマリンスタジアムで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド初戦オーストラリア戦を3-2で逆転勝利。7回に同点に追いつく源田のセーフティーバントに稲葉監督は「もちろんノーサインで本人の意思でやりました。私もまさかと思いましたけど」と驚きの声を上げていた。

 執念の同点劇に稲葉監督はナインの強心臓ぶりを称賛していた。1点を追う7回に先頭の吉田が中前打を放つと切り札・周東を代走に。周東は期待に応え二盗、三盗を決めると2死三塁から源田が相手の意表を突くセーフティーバンドを決め同点に追いついた。

 稲葉監督は「三塁盗塁は大きかった」とグリーンライトで三盗を決めた周東を絶賛。さらに2死三塁からの源田のセーフティーには「もちろんノーサインで本人の意思でやりました。私もまさかと思いましたけど、国際大会ではああいうところで何かやってやろうというのは大事。あの1点は大きかった」と明かし、失敗が許されない場面で見せた“俊足コンビ”の活躍を称えていた。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月11日(月)午後6時45分~ 「日本×オーストラリア」
11月13日(水)午後6時45分~ 「日本×メキシコ」
11月17日(日)「決勝」

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」