野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】そんなのアリ!? 侍J破った米国、13日先発は日本戦突如回避の右腕

野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで行われた「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に3-4で敗れて、今大会初黒星を喫した。

12日の日本戦の先発を回避したアメリカ代表のタナー・フック【写真:荒川祐史】
12日の日本戦の先発を回避したアメリカ代表のタナー・フック【写真:荒川祐史】

発表された先発回避の理由は「コンディション不良」だったが…

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)
 
 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで行われた「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に3-4で敗れて、今大会初黒星を喫した。

侍ジャパンが「プレミア12」初優勝で得た収穫と課題 稲葉監督が掴んだ日本の形(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 序盤にリードを奪われると、先発の変則右腕マーフィーをはじめとするアメリカ投手陣を打線がなかなか捉えきれず。浅村が3打席連続適時打と気を吐いたものの、繋がりを欠き、1点差で逃げ切られた。

 この試合、当初、アメリカの予告先発投手は右腕のタナー・フック投手と発表されていた。だが、侍ジャパンの練習直前にWBSCから予告先発の変更され、フックからマーフィーに。変更の理由は「コンディション不良」と発表された。

 だが、そのタナー・フック投手、日本戦が終わった深夜に、13日のオーストラリア戦で予告先発として発表された。日本戦前の練習中には左翼の位置でチームメートらと笑顔で球拾い。日本戦後の会見で、アメリカのスコット・ブローシャス監督は「先発のタナーはもう少し休んでもらいたいということで、マーフィー投手に投げてもらいました」とコメントしていた。

 急遽、予告先発を回避した末に、翌日の予告先発。果たして許されることなのだろうか?

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月13日(水)午後6時45分~ 「日本×メキシコ」
11月17日(日)「決勝」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」