野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【プレミア12】決めきれない侍ジャパン打線の課題は? 金子ヘッドが語る「悪循環」

野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に3-4で敗戦した。オープニングラウンドから負けなし4連勝で好調を維持していたが、ここにきて初黒星。決め切れない打線は何が課題となっているのか。

侍ジャパンの金子誠ヘッドコーチ兼打撃コーチ(右)【写真:Getty Images】
侍ジャパンの金子誠ヘッドコーチ兼打撃コーチ(右)【写真:Getty Images】

1番~3番で好機作れず、3点いずれも4番鈴木が口火→浅村が決める

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

「向上心を掻き立てられた」 藤川球児氏がWBC連覇で学んだ勝負に徹する姿勢(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に3-4で敗戦した。オープニングラウンドから負けなし4連勝で好調を維持していたが、ここにきて初黒星。決め切れない打線は何が課題となっているのか。

 この日はハプニングもあった。試合前アメリカの先発として予告されていた右腕タナー・フックがコンディション不良により右腕ペン・マーフィーに変更となった。しかし金子ヘッドはこの影響を「ミーティング前には報告を受けていましたから。それは問題ない」と否定。「阪神の青柳のようだという選手もいた」という相手に打線は翻弄され、序盤3イニングを無得点で終えた。

 この日「1番・中堅」で出場した丸は4打数1安打も、3回の無死一塁の場面で併殺打。さらに2番菊池、3番近藤は無安打に終わり、チャンスメークをしたのはいずれも4番の鈴木、決めたのも浅村のみだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」