野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【プレミア12】坂本はどうする? 繋がらぬ打線に稲葉監督は打線変更示唆「変えていく必要ある」

野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のスーパーラウンド第2戦アメリカ戦を戦い、3-4で競り負けた。序盤からアメリカにリードを奪われると、打線も繋がりを欠いた。浅村栄斗内野手(西武)が3打席連続適時打を放ったものの、後が続かず。接戦を落として、オープニングラウンドから5試合目で大会初黒星を喫した。

侍ジャパン・稲葉監督【写真:荒川祐史】
侍ジャパン・稲葉監督【写真:荒川祐史】

スタメン復帰の坂本は3度のチャンスで凡退、監督は「負けた全責任は私にあります」

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

「現役引退まで必要とされる選手でいたい」 秋山翔吾が抱く侍ジャパンへの熱い思い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)のスーパーラウンド第2戦アメリカ戦を戦い、3-4で競り負けた。序盤からアメリカにリードを奪われると、打線も繋がりを欠いた。浅村栄斗内野手(楽天)が3打席連続適時打を放ったものの、後が続かず。接戦を落として、オープニングラウンドから5試合目で大会初黒星を喫した。

 試合後の会見で、稲葉篤紀監督はこの試合で悔やまれる部分を問われると「負けた全責任は私にあります。打線の組み方。そこをこれからもう少し考えていく必要があるのかなと思っています」と振り返った。

 この試合の得点は全て鈴木誠也外野手(広島)と浅村の2人から生まれた。4回は鈴木が三塁打で出塁し、2死三塁で浅村が適時打。6回は鈴木が遊撃エラーで出塁し、浅村が適時二塁打を放った。8回も二塁打で出塁した鈴木が三塁へ進み、浅村が左前適時打とした。

 ただ、あとが続かなかった。4回はなおも2死一塁、6回は2死二塁と畳み掛けるチャンスだったが、7番に入った坂本勇人内野手(巨人)が投飛、空振り三振と凡退。8回も浅村に代わって代走で起用された周東佑京外野手(ソフトバンク)が盗塁を決めて二塁に進んだが、坂本が空振り三振、會澤翼捕手(広島)も右飛に倒れた。

 7回にも1死一、二塁とチャンスを作ったが、菊池涼介内野手(広島)に代わって途中出場していた山田哲人内野手(ヤクルト)が左飛、近藤健介外野手(日本ハム)は遊飛に終わった。一気に追いつく、そしてひっくり返すチャンスがあったものの、あと1本が出なかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」