野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAがオリ戦力外の高城との契約発表 18年にトレード放出も異例の再獲得

DeNAは13日、オリックスを戦力外となった高城俊人捕手と2020年シーズンの選手契約を結ぶことで合意したと発表した。高城は2018年にトレードでオリックスに移籍していたが、DeNAが再獲得するという珍しいケースとなった。

今オフにオリックスから戦力外通告を受けていた高城俊人【写真:荒川祐史】
今オフにオリックスから戦力外通告を受けていた高城俊人【写真:荒川祐史】

2018年にトレードでオリックスに移籍も、今季限りで戦力外に

 DeNAは13日、オリックスを戦力外となった高城俊人捕手と2020年シーズンの選手契約を結ぶことで合意したと発表した。高城は2018年にトレードでオリックスに移籍していたが、DeNAが再獲得するという珍しいケースとなった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 高城は2011年のドラフト2位でDeNAに入団。高卒1年目の2012年に1軍デビューを果たしたものの、2018年7月に伊藤光捕手、赤間謙投手との交換トレードで白崎浩之内野手と共にオリックスへ移籍。しかし、同年は出場なしに終わると、今季も5試合のみの出場に終わり、戦力外通告を受けていた。

 トレードで放出した選手が戦力外となり、古巣が再獲得するのは極めて珍しいケース。高城はプロ通算317試合出場、打率.171、1本塁打、33打点の成績を残している。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」