野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 【プレミア12】米国、日本戦を先発回避のフックが初回から乱調 先頭四球から2失点

【プレミア12】米国、日本戦を先発回避のフックが初回から乱調 先頭四球から2失点

「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は13日、アメリカとオーストラリアが東京ドームで対戦。アメリカ先発のタナー・フック投手は初回から乱調で先制点を許した。

先発登板しているアメリカ代表のタナー・フック【写真:Getty Images】
先発登板しているアメリカ代表のタナー・フック【写真:Getty Images】

日本戦の予告先発だったフックは試合前に登板をキャンセル

■アメリカ – オーストラリア(プレミア12・13日・東京ドーム)

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は13日、アメリカとオーストラリアが東京ドームで対戦。アメリカ先発のタナー・フック投手は初回から乱調で先制点を許した。

 初回、先頭のティモシーを2ストライク3ボールから四球で出塁させると、続くキャンベルが右前打。さらに3番グレンディニングにも四球を与え満塁に。4番ウェイドは一ゴロとするも、なおも満塁でホワイトフィールドがセンターへの2点適時打で先制した。

 フックは前夜の日本戦に先発を予告されていたが、コンディション不良で試合開始の約3時間前に登板回避が発表されていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」