【プレミア12】エンゼルスNo1有望株アデルが語った日本戦 投手の特徴は「分かっていた」

日本戦でホームランを放ったアメリカ代表のジョー・アデル【写真:荒川祐史】
日本戦でホームランを放ったアメリカ代表のジョー・アデル【写真:荒川祐史】

MLBプロスペクトで全体5位に位置、日本戦では7回に大野から豪快ソロ

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 12日に東京ドームで行われた「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦。野球日本代表「侍ジャパン」はアメリカ代表と戦い、3-4で敗れて今大会初黒星を喫した。先発の高橋礼投手(ソフトバンク)が序盤に2点を失うと、1点差に迫った直後の5回、7回にもリリーフ陣が失点。最後まで追いつくことができなかった。

 この試合で7回に侍ジャパン4番手の大野雄大投手(中日)からリードを広げるソロ本塁打を放ったのが、大谷翔平投手の在籍するエンゼルスの傘下3Aでプレーしたジョー・アデル外野手だった。大野の投じた外寄りのシュートを弾き返すと、東京ドームの右翼スタンド中段まで打球を運んだ。

 MLBのプロスペクトランキングで全体5位、大谷翔平投手が所属するエンゼルスではNo1プロスペクトに位置付けられているアデル。まだメジャー実績はないものの、近い将来、エンゼルスの中心選手となることを期待されている有望株である。

 この日は5打席に立って3打数2安打、申告敬遠を含む2四球。オープニングラウンドから5試合全てで安打を放って打率.429、2本塁打と結果を残し、その能力の高さを存分に見せつけている。

アデルが語った日本の投手の印象「外側に緩めのボールが来ているという状況は理解していた」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY