野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】侍J稲葉監督の“勝負手”的中 2番坂本の3安打に「努力は野球の神様が見ている」

野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦に臨み、3-1で勝利した。左腕対策として1番から右打者5人並べる稲葉篤紀監督の采配が的中。序盤に打線が繋がってリードを奪い、投手力で逃げ切った。これでスーパーラウンドは3勝1敗となり、決勝進出に王手をかけた。

3安打と活躍した侍ジャパンの巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
3安打と活躍した侍ジャパンの巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

1回に先制のホームを踏み、2回には適時打、6回にも左前打の固め打ち

■日本 3-1 メキシコ(プレミア12・13日・東京ドーム)

侍ジャパンが「プレミア12」初優勝で得た収穫と課題 稲葉監督が掴んだ日本の形(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦に臨み、3-1で勝利した。左腕対策として1番から右打者5人並べる稲葉篤紀監督の采配が的中。序盤に打線が繋がってリードを奪い、投手力で逃げ切った。これでスーパーラウンドは3勝1敗となり、決勝進出に王手をかけた。

 稲葉監督はこの日、1番に山田哲人内野手(ヤクルト)、2番に坂本勇人内野手(巨人)を起用するなど、5番まで右打者をズラリと並べた。12日のアメリカ戦で8番で出場して4打数無安打だった坂本は奮起。第1打席で左前打を放ち、二盗に成功。鈴木(広島)の適時打で先制のホームを踏んだ。2回には1死一、二塁で左前適時打。6回にも左前打を放ち、3安打1打点1得点の活躍だった。

 稲葉監督は「坂本(勇人)はもともと2番打ってましたので、これまで2番というのを1試合しか試していないと思う。守備を決めて打順を組んだときに2番がいいんじゃないかと」と理由を明かした。

 指揮官はさらに「練習の中で室内で打ったりとか、彼の練習を色々やってました。この大会、沖縄から合流して練習する姿見ても、ウェート場でいろんなトレやったり、ここまでしっかり調整してきた姿をずっと見てきた。大事なところで生きてくると、努力は野球の神様が絶対に見てくれているという思いが強かった。だから2番で期待した」と力を込めた。

 指揮官の揺るがぬ信頼と、坂本の努力が実っての“復活劇”。16日の韓国戦に向けてこれ以上ない朗報だ。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月17日(日)「決勝」

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」