野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 【プレミア12】韓国が5回に猛攻で一挙7得点! 勝てば五輪決定の大一番でメキシコ相手に逆転

【プレミア12】韓国が5回に猛攻で一挙7得点! 勝てば五輪決定の大一番でメキシコ相手に逆転

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は15日、スーパーラウンド第3戦のメキシコ-韓国戦が東京ドームで行われ、メキシコの2点リードで迎えた5回に韓国が一挙7得点で逆転。決勝進出と東京五輪出場権獲得へ向けて試合をひっくり返し、5点のリードを奪った。

韓国が5回に一挙7点を奪い逆転に成功【写真:Getty Images】
韓国が5回に一挙7点を奪い逆転に成功【写真:Getty Images】

メキシコが勝てば初の五輪出場、韓国が勝てば日本の決勝進出が決定

■韓国 – メキシコ(プレミア12・15日・東京ドーム)

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)は15日、スーパーラウンド第3戦のメキシコ-韓国戦が東京ドームで行われ、メキシコの2点リードで迎えた5回に韓国が一挙7得点で逆転。決勝進出と東京五輪出場権獲得へ向けて試合をひっくり返し、5点のリードを奪った。

 均衡を破ったのはメキシコ。5回、1死からサラサルが三塁内野安打で出塁し、三塁手チェ・ジョンが悪送球で二塁へ。ここでジョーンズが左翼スタンドへ先制2ランを叩き込んだ。先発パクはこの一発に膝から崩れ落ちて降板となった。

 一方、韓国打線はメキシコ先発バレダの前に3回まで無安打と苦戦。4回に先頭イ・ジョンフが初ヒットなる中前打も後続が倒れた。

 しかし、5回は2四球とヒットで無死満塁の大チャンスを作り、ミン・ビョンホンが中前適時打。1点差とすると、再び満塁としてパク・ミンウが押し出し四球。同点とした。さらに、イ・ジョンフのライナーを二塁手が捕球できず、三塁走者が生還して記録上は「ニゴロ」でついに逆転。続くキム・ハソンは右前適時打で4点目を奪い、2死満塁とてなってから元メジャーリーガーのキム・ヒョンスが左中間へ走者一掃の3点二塁打。この回一挙7点を奪うビッグイニングとして、2点ビハインドから5点リードへと状況が変わった。

 韓国が勝てば野球日本代表「侍ジャパン」と韓国の決勝戦進出が決定。日本を除くアジア・オセアニア大陸の上位1チームに与えられる五輪出場権も獲得できる。一方、メキシコも勝てば決勝進出、アメリカ大陸最上位に与えられる五輪出場権を獲得できるが、負ければ決勝進出が絶たれる。韓国が負けると、日本の決勝戦進出は16日の日韓戦の結果次第となる。

(臼井杏奈 / Anna Usui)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」