野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【プレミア12】2日連続の日韓戦 韓国は決勝に備え“大量温存”、スタメンで主力は4人のみ

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで行われる「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンドの最終戦で韓国と対戦する。すでに17日の決勝戦も韓国と対戦することが決まっており、2日連続で日韓戦が行われることになるが、韓国はスタメンを大幅変更。決勝に向けて、主力を“大量温存”している。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督と韓国代表のキム・ギョンムン監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督と韓国代表のキム・ギョンムン監督【写真:Getty Images】

16日のスーパーラウンド最終戦、17日の決勝戦と2夜連続の日韓戦

■日本 – 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

「結束力が一番大事」 元日本代表主砲が振り返る大舞台 短期決戦の戦い方とは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで行われる「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンドの最終戦で韓国と対戦する。すでに17日の決勝戦も韓国と対戦することが決まっており、2日連続で日韓戦が行われることになるが、韓国はスタメンを大幅変更。決勝に向けて、主力を“大量温存”している。

 韓国が決勝進出と東京五輪出場を決めた15日のメキシコ戦と、この日の日本戦のスタメンは以下の通り。

○メキシコ戦
1(中)イ・ジョンフ
2(遊)キム・ハソン
3(指)キム・ジェファン
4(一)パク・ビョンホ
5(左)キム・ヒョンス
6(捕)ヤン・ウィジ
7(三)チェ・ジョン
8(右)ミン・ビョンホン
9(二)パク・ミンウ

○日本戦
1(二)パク・ミンウ
2(中)パク・クォンウ
3(左)キム・ジェファン
4(指)パク・ビョンホ
5(三)チェ・ジョン
6(右)カン・ベクホ
7(一)ファン・ジェギュン
8(捕)パク・セヒョク
9(遊)キム・サンス

 メキシコ戦にも出場していた“レギュラー”は、1番のパク・ミンウ、3番のキム・ジェファン、4番のパク・ビョンホ、5番のチェ・ジョンの4人。メキシコ戦では、パク・ミンウは9番、チェ・ジョンは7番だった。投手も、当初予想されていたエース左腕ヤン・ヒョンジョン投手ではなく、今大会1試合のみの登板となっていたイ・スンホが昨夜に予告先発として発表されていた。

 キム・ギョンムン監督は前夜の試合後に「明日(16日)の試合は最後の試合になれば先発に起用しなかったと思うが、明後日(17日)も試合が残っておりますので選手の疲労もたまっていると思うから、今まで出場できなかった選手を出そうと。明日は色んな選手を起用したい」と明言。メキシコ戦に負けていれば、この日本戦に決勝進出がかかるはずだったが、勝ってスーパーラウンド2位以上が決まったために、メンバーを落としてきたようだ。

○『世界野球プレミア12』の主な予定(テレビ朝日系列で放送)
11月17日(日)「決勝」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」